貸切バスを巧みに利用して旅の計画を立ててみよう

貸切バスを巧みに活用して、心躍る旅の計画を立ててみましょう。
春のお花見、夏のマリンレジャー、秋の紅葉狩り、冬のスノースポーツ。季節を通し、大人数で楽しむ行楽イベントには、貸切バスを使った移動がうってつけです。
いざバスの手配を行う段取りになって悩まないよう、貸切バスに関するあれこれ、レンタルのノウハウをチェックしておきたいものです。

貸切バスの料金は、様々な条件を基に算出されています。
季節や曜日、利用する時間や距離、バスの種類や備えられている各機能。
たとえば、修学旅行や遠足のシーズンにはバスが頻繁に動くため、料金は割高になる傾向にあります。そこで、逆にその時季を外すことで、利用しやすい料金概算を得ることができます。

利用時間は、通常8時間から9時間で1日となる換算です。
運行が深夜にかかったり、16時間を越えたりする場合は、2名以上の運転手が必要となるため、これもやはり割高になるようです。

バスの種類は小型から大型まで、装備を含めていくつかパターンがありますが、サイズの違いが料金の違いとなるのはもちろんのこと、装備においても、同じ乗車人数のマイクロバスと小型バスとでは、装備のスペックが高い小型バスのほうが料金が高くなる仕組みです。
こうしたコストパフォーマンスを首尾良く抑え、いかに割安にバスレンタルを行うかが、楽しい旅の計画のキーポイントになることでしょう。